サイズでオリジナルTシャツを選ぶ

サイズによる印象の違いを知っておく

オリジナルTシャツを作る際、一番に気にするのがデザインです。世界に一つだけのデザインは自分の個性やセンスを際立たせてくれるでしょう。しかし、それと同じくらいTシャツのサイズが重要なことを知っているでしょうか。体形に合わないTシャツは、スタイルが悪く見えてしまいファッションのトータルバランスにも影響します。基本的な選び方は、肩幅や着丈がジャストサイズのものを選ぶようにし、ルーズ感を出したい場合はあえてオーバーサイズを着るようにすると良いでしょう。体形を目立たせたい場合は、タイトなサイズを選ぶと周囲にアピールすることが出来ます。このようにサイズによって周りに与える印象が変わってくるので、自分が目指すスタイルに合ったオリジナルTシャツを作るようにしましょう。

サイズ選びで注意したいこと

オリジナルTシャツのサイズを選ぶときには一つ注意しなければいけない点があります。それは、元となるTシャツがアメリカ製であるかどうかです。Tシャツのサイズは基本的に、S、M、L、XLという具合にわけられていますが、日本製のサイズとアメリカ製のサイズは表記が同じでも大きさに違いがあるのです。例を挙げると、アメリカのSサイズが日本のMサイズと同じだったりします。この事を頭に入れず、日本製の感覚で注文してしまうと届いたTシャツがぶかぶかだった、なんてこともあるでしょう。オリジナルTシャツは市販されているTシャツとは違い、一度作ったら返品が効かない場合があるので、サイズ確認は十分に注意しておくようにしましょう。

オリジナルtシャツの作成サービスを行っている業者はインターネット検索で見つけられます。料金に応じて、Tシャツにプリントする画像の色から場所、サイズまで自由に決められるサービスがほとんどです。